ブログ一覧へ戻る

2021 8/26

「常光寺」本堂で佐野絵里子「さし絵原画展」開催されています

「藤沢宿」常光寺本堂で「佐野絵里子≪季節の花と童子展≫」が開催されています。              佐野絵里子さんは藤沢市在住の歴史漫画・挿絵画家で、浄土宗総本山「知恩院」発行の機関誌「知恩」トップページ ”今月のことば” 欄に法然上人の教えが記載さており、そのお言葉に沿う「さし絵」を描いてきました。                            浄土宗である常光寺との縁から毎年「さし絵原画」展示会を開催てきました。法然上人の「教えのおことば」から描かれた佐野絵里子さんの「さし絵」原画をじっくりご覧ください。

(「さし絵原画展」開催メッセージ)

(ごあいさつ)                                               この夏も童子たちの絵を阿弥陀様の御前に展示させていただくことができました。お盆とお彼岸を含むこの時期に皆様のお目に触れる機会を得て大変うれしく存じます。                            月刊「知恩」に「今月のことば」さし絵を掲載しておりました5年間のうち、後半2年ほどは、法然上人の時代の人々を通してお言葉を表現した、絵巻ふうシリーズでした。                          天変地異や戦乱など、不安な世を生きていた当時の人々にとって、法然上人のお言葉がどのように救いとなっていったか…                                                  描きながら想像するのもまた、感慨深いものでした。 2021年8月 (佐野絵里子)

(本堂での展示会場)

(展示「さし絵」作品の一例)

専ら阿弥陀仏の各号を称念する これを念仏とは申すなり (花と童子シリーズ 法然上人のおことば)

(展示「さし絵」作品の一例)

各号を称うれば 三心自ずから具足するなり   (花と童子シリーズ 法然上人のお言葉)

(展示作品)

佐野絵里子さんは「常光寺」朱印原画や「白旗神社」の朱印原画や大絵馬を描かれ、また「ふじさわ宿交流館」発行の「藤沢宿案内」解説パンフレット等の「さし絵」デザイン作成、歴史漫画「源義経」著作(リイド社)などご活躍です。

是非「常光寺」参拝し「さし絵原画」を鑑賞されたあと境内の樹林見学、そして「白旗神社」大絵馬を鑑賞されては如何ですか。

(「さし絵原画」展示会)

開催期日…9月30日(木)まで開催。場所…常光寺本堂。                          お問い合わせ…常光寺(藤沢市本町4-5-21) (℡ 0466-22-2266)。法要などで本堂に入れない場合もあり寺務所にお問い合わせください。

「常光寺」関連の話題は本ページ(7月9日発信、ブログ”わくわく藤沢宿通信” №37、藤沢宿「常光寺を訪ねてみよう」をご覧ください。

藤沢宿 ”わくわく藤沢宿通信” №39

 

 

カテゴリーから探す

Copyright © 2019 藤沢市ふじさわ宿交流館 All rights reserved.